残業・救急・夜勤ナシの看護師転職・求人情報サイト

面接の注意点

1.身だしなみ

 

面接の注意点男女ともスーツが無難です。清潔感を心掛けてください。

 

面接の注意点華美な服装、特に女性は露出度の高い服は避ける、カジュアルすぎる服装は避け、清潔感を心掛けてください。また、男性はスーツのボタンは閉めておきましょう。挨拶でお辞儀をする際に、前が開いたままだとネクタイがべろんと伸びて、みっともない印象になります。注意してください。

 

2.挨拶・言葉遣い

 

面接の注意点昔から言われていますが、元気な挨拶、はきはきとした受け答え、丁寧な言葉遣いは、あなたの印象をアップさせます。具体的には敬語に気をつけましょう。相手の会社は貴社、家族に対し母親、父親、祖母、祖父、姉、兄と表現するクセをつけておいて。

 

面接の注意点語尾をはっきり発音して尻切れトンボにしない、質問ではないのに、しり上がりのアクセントで話すのは避けましょう。

 

3.態度

 

面接の注意点緊張していても、なるべく落ち着いた態度で面接に臨むようにしましょう。背筋を伸ばし、笑顔でハキハキと元気な返事を心掛けて下さい。

 

面接の注意点緊張するからといって、ネクタイや髪の毛をいじったり、貧乏ゆすりをする行為は、落ち着きがないとみなされます。また、タバコ、足を組むは言語道断。要注意です。

 

4.PRポイントの最終チェック

 

面接の注意点標準の面接時間は30〜60分。話は端的に分かりやすくまとめましょう。なぜこれまでの職場を捨ててまで希望するのか、仕事に対する意欲、熱意をアピールしてください。

 

面接の注意点仕事の内容よりも休日、年収、福利厚生ばかり質問するのはNG。 担当者はよい働き手とはとらえません。要望ばかりをアピールするのはやめましょう。また、限られた面接時間の中で、長くておもしろい話というのは難しいものです。 だらだらと自分のことを話すのは避けましょう。 希望動機をアピールする際は、ネガティブな発想はNG。単に前の職場がつまらない、貴社のほうが給料がいい、といった表現はNGです。

 

5.面接時の常識・非常識

 

面接の注意点・履歴書はクリアホルダーに入れて持ち歩く
・ナチュラルメイクがベスト
・時と場合にもよるが、競合会社の最低限の情報は勉強しておく。
・携帯はマナーモードにしておくこと。
・面接会場には約束の10分前ほどに到着できるようにする。

 

面接の注意点・提出した履歴書が汚れていた。
・ノーメイクで面接した。
・競合会社を褒める。
・担当者を待つ間、携帯でメールをする。
・余裕を持って30分前に会場入りした。